中年女性に多い薄毛の悩み

30代後半あたりから、薄毛に悩む女性が一気に多くなってきます。

原因は何でしょうか。
大きな原因は、女性ホルモンバランスの乱れです。



洗髪時やドライヤーをかける時に抜け毛が多くなり、気がつけばおでこが広くなっていたり、地肌がうっすら透けて見えていたりします。

バイオテックの有益情報にあふれているサイトです。

また、薄毛になってくるのとほぼ同時期に、髪にハリやコシがなくなり、ヘアスタイルはいくらセットを頑張っても、ぺしゃんこでボリューム感が出なくなってきます。

このような症状は女性ホルモンバランスの乱れだけが原因ではありません。

若い時からのストレスや、紫外線を浴び続けた結果でもありますし、また、パーマのかけ過ぎや、添加物が一杯入った頭皮に悪い安価なヘアカラー剤を使い続けた結果でもあります。

All About情報サイトを利用しましょう。

では、実際に薄毛になってきたと感じたらどのように対処すれば良いでしょうか。まずは、生活習慣の見直しです。


栄養バランスの良い食事を三食きちんと摂り、睡眠もしっかりと摂る、規則正しい生活を送り、ストレスが溜まってきたと感じたら、上手に息抜きしましょう。

また、シャンプーやヘアカラー剤なども頭皮に優しい自然派タイプに変えます。

頭皮が硬くなるのも薄毛の原因と言われるので、マッサージをして頭皮の血行を良くして発毛を促しましょう。

これらのことを続けると、髪がまた生えて来る場合が多いのですが、効果が出ない人もいます。

その場合は育毛剤に頼ってみることがお勧めです。中年女性向けの育毛剤は多くの種類が発売されていて、成分はその商品それぞれです。
自分の薄毛に効果があるタイプを見つけるまでに少し時間がかかるかもしれませんが、一度見つかればもう安心なので、時間をかけるだけの価値はあります。