お葬式にかかる料金とは

お葬式にかかる費用はどのようなものがあるのでしょうか。

全国平均ではお葬式全体にかかる料金は200万円程と言われています。

東京新聞情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

その内訳は、「葬儀にかかる費用」「寺院に払う費用」「飲食代、返礼品」に分けられます。


ます、葬儀にかかる費用は式を行う斎場使用料、祭壇、棺や納棺式で使う装束などの道具一式、遺影など葬儀で使う道具一式、火葬場使用料、骨壺など火葬に使う道具一式、寝台車や霊柩車、会葬礼状、司会や準備をする葬儀社の人件費など、お通夜、葬儀・告別式、火葬といった一連の流れで使用されるもの全てが入ります。

細かい所では斎場の看板や、記帳に使うノートや筆記具なども葬儀にかかる費用に含まれます。

寺院に支払う費用は、お葬式で読経をしてもらう料金、そして戒名をつけてもらう料金です。


これらは菩提寺がある場合は地域の慣習による金額となりますが、菩提寺がない場合は葬儀社に紹介してもらい、定められた料金を支払うことになります。飲食代、返礼品は通夜ぶるまいや告別式後の会食、火葬待機中の飲食にかかる実費と、会葬御礼品や香典返しの品にかかる費用で会葬者の規模により大きく金額の差が出ます。

これらを合わせて平均は200万円程ではありますが、お葬式にかかる費用というのは規模や地域性により大きく差があります。

葬式の料金のお役立ち情報を公開しています。

斎場の広さ、祭壇の規模、また道具も全てランクがあり選ぶことになります。
戒名もランクにより金額が大きく異なるため平均は飽くまで目安として、故人にあったものを選ぶことが大切です。